本研究所について

みらい医療推進センターについて> 
みらい医療推進センターには、全国有数の「3次元動作解析装置」「人工気候室」をはじめとした研究機器があります。これらの施設は、本学の医学研究に使用するほか、民間企業等学外の多くの皆様にも開放し、新たな商品・サービスの開発にご活用していただいております。

kyoten_logo3_00本センターの研究領域は、スポーツ科学領域はもとより予防医学・抗加齢医学・リハビリテーション医学など、これらの関連領域の研究をすべて実施しています。また、メディカルチェック・アンチドーピング、過去の蓄積した心肺機能検査と能力検査結果においては10年以上にわたるデータとそれによる研究実績を有しています。

また、スポーツ専門医師やスポーツ科学に精通した研究者が多く在籍しています。

さらに、研究施設内には、上述の3次元動作解析装置や人工気候室の他にも最先端の医科学検査・測定機器を有しており、これらの設備を活用した研究環境を提供しています。

みらい医療推進センター 研究施設

goa-3ddousagoa-oogatatoregoa-jinnkouki

backb

本プログラムの目的・実施計画について> 

 本研究所の持つ多くの最先端医科学検査・測定機器や診療所機能を活用し、障害者スポーツ医科学及び関連領域の研究者の連携、共同研究の推進を目指します。共同研究等の推進により障害者スポーツ医科学等が発展するだけでなく、その成果は高齢者や運動機能、内部機能や脳機能等に障害が認められる者に対する健康増進のための運動手法の開発等にも活用でき、超高齢化社会における国民健康の増進にも寄与します。

 共同利用・共同研究課題の実施計画は、年間10件程度を目標としています。

?backb

sien

backb

?backb